毛引きで出血したしらたま、病院でデブ認定

久しぶりにしらたまが不調

さる平日の夕方、しらたまがお尻を突っつき過ぎて、出血していました

流血とまではいかないものの、お尻の左部分とクチバシがしっかり赤くなっていました。
かゆいのか痛いのか、とにかく気になるらしく、血が出ている尻をさらにクチバシでグリグリ。痛々しい。や、やめてくれー。

もうおさまっていますが、このあたりが血で真っ赤でした。

私は、在宅とはいえ業務時間中でしたので、あまり時間を割くこともできず。
かといって目を離すと悪化したときに気付けないので、しらたまのカゴを仕事部屋に移動してみました。

すると、普段と違う風景に警戒したのか、飼い主が近くにいることに安心したのか、尻をつつく行動がピタッと収まりました。
(後者だといいなーと思います)

この日はこのまま様子見。動物病院も閉まっている時間だったので。

※ちなみに、自宅でできる対策というと「エリザベスカラー」のようです。
 フェルトやプラスチックで作れる模様。今回はしらたまがグリグリをやめてくれたので大丈夫でしたが。

翌日、動物病院へ

一夜明けて朝、見た目や態度は正常に戻っていたしらたまですが、大事をとって妻が病院に連れて行きました。

きなことしらたまのカゴを入れ替える必要があり(きなこが使っているカゴの方が小さく、持ち運びやすい)、それが一苦労でした。
いつもはカゴを開けるとニュルリと飛び出してくるくせに、こういう時にかぎって出てこない…。

ともあれ病院です。妻からの伝聞ですが大したことはなかったそう。
羽を根元から抜いてしまって、そこから血が出たのかな?という話でした。
化膿予防として、水に溶かして飲む粉薬をもらってきました。

で、それより衝撃的だったのは「太りすぎ」認定をされたこと。
昨年の入院時、体重30グラムを切らないようにと心配されていた華奢なしらたまは、ところがどすこい41グラムになっていたそうです。
約3割増しです。たくましくなって…

カゴにエサをつけっぱなしの、いわゆる「食べホーダイ」状態がよくないということで、夜間はエサを取っ払っておくことにしました。

きなこも同様に夜のエサは没収。

「えっ、私も夜食抜きですか!?」

 

病気じゃなくてもちゃんと体重管理はしてあげないとダメですね。

昨年の体調を崩したしらたまの記事はこちら。

【インコと病院】しらたま(セキセイインコ)が舌をケガしました。

2019.02.18

【インコと病院】しらたま(セキセイインコ)初の入院。

2019.02.20

広告です

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください