【インコ入院】デブから一転、痩せすぎたしらたま

要約
  • セキセイインコのしらたま(4歳)から酸っぱい臭い
  • 動物病院につれていきました。
  • 入院してしまいました!

すっぱい臭いのするしらたま


先日、デブ認定されたしらたまですが、体調が芳しくないです。
カゴの中で、羽を膨らませておとなしくしている状態が目立つようになりました。

そのくらいなら、ちょっと寒いのかな? 眠いのかな?と思う程度なのですが、
カゴの床にエサが散乱していて、放鳥時に肩に乗ったしらたまから、なんか酸っぱい臭いがする…
「あっこれは吐き戻してる」と気付き、急遽病院へ。

動物病院で診断”痩せすぎ”

動物病院に着くも、患者(患畜?)が多く、なかなか診察が受けられず。
1時間ほど待って診察室に入りました。急な予約だから仕方ない。

先生から最初に訊かれたのは「吐き戻しているというのは首をブルブル振って吐き散らすような状態ですか?」ということ。
そこまでではなく、少量をデロッと吐くような感じだと伝えました。

カゴから出したしらたまを診てすぐに「これは痩せてる!」と言われ、体重を量ったところ28グラム。一か月でかなり減っていました。

カゴについたフンを採って「メガバクテリア」の検査をしてもらいましたが問題はなし。
ただ、出発直前にきなことカゴを入れ替えたので、もしかするときなこのフンだったのかもしれないという不安はあり。

次に金属製の器具で「そのう液」を採取。しらたまは呆然。
採取した「そのう液」は白く濁っていてドロリとしていました。バイ菌が結構いるとのことです。

とにかく痩せすぎ、エサを食べなさすぎ、そのうに問題があってなかなか食べられないのかも?というお話でした。

と、そこでしらたまがウンチ。正真正銘、しらたまのフンなので、それを使って産地直送メガバク検査、異常なし。

「最低でも体重キープ、減るようならまた連れてきてください」との言葉をいただき、しらたまは一旦自宅へ連れて戻りました。
10日分のお薬と、麦(殻付きエサよりいいらしい。本当はペレットの方が良いが、好みがわかれるとのこと)を出してもらいました。

広告です

やはり体重増えず、入院へ

帰宅したしらたま。
好物の粟穂はよく食べるものの、それ以外の食が細い状態です。麦もあまり食べない。
一か月前はデブちんだったのに、一体何があった。太ってるといわれたのがショックだったのでしょうか。

2日経っても体重増えず、28グラム→26グラムになっていました。(小数点以下が表示されないキッチンスケールなので、細かい部分はわからない)

再度病院に連れていき、しらたま、昨年に続き2度目の入院となりました。
前回は入院、退院、即入院だったので、回数でいえば3回目ということになりますね。

当然保険もきかないので、入院治療はなかなかのお値段になります。
とはいえ、ステイホームで旅行もできないから、費用については気にせず休んでくれ、しらたま。
うちはGoToも使わないから。

余談:首ブルブル吐きについて

今回、病院の先生に訊かれた「首をブルブル振ってエサを吐き散らす」行動は
最初にお迎えしたセキセイインコ「ニッケ」が亡くなる直前に取っていた行動です。

カゴの中からパキッ、パキッと音がして、何かと思ったらニッケが首を振ってエサをバラまいている音。
夜だったのと、あまり覗くと怒られるので その日は眠りましたが
翌朝ニッケは亡くなってしまいました。

当時はなにがなんだかわかりませんでしたが、症状から検索してみると「そのう炎」だった疑いが高そうです。
しらたまも今回そのう液をとりましたからね。幸いそのう炎ではなかったようですが。

広告です

«

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください